ページランク[PR]livehp

DEATH QUEEN CITY -デスクイーン市-

SPECIAL No.2 -つるぎざき伝説 完結編-

前回の「つるぎざき伝説」記事を掲載してから、
ちょうど一年が経ちました。
その間にFF屈指の謎であった「つるぎざき」さんに
ついての正しいと思われる情報が、
多くのゲームファンに伝わったかと思います。

私の方で「つるぎざき」さんについて再度情報収集を
していたところ、とあるブログにたどり着きました。
そのブログをしばらく読んでみると、もしかして
「つるぎざき」さん御本人のブログなのでは??
と思い、私は管理人の方に連絡を取ってみました。

すると、半日も経たない内に管理人の方から返信
メールをいただきました。
その内容をここに書くことはできませんが、
文面から「つるぎざき」さん100%御本人であることが
分かり、私は狂喜乱舞してしまいました。
「つるぎざき」さん御本人から「おもいでがたり」
ブログ掲載の許可をいただきましたので、
再度「つるぎざき」さんについての紹介を
したいと思います。

皆様にはまず、 「おもいでがたり」 ブログを全て
読んでいただきたいのです。
当時の「つるぎざき」さんが、なぜスクウェア会報誌
「TIMES SQUARE」の投稿をやめたのかという
理由について書かれています。
「おもいでがたり」ブログ内で、
『「つるぎざき」が、隠れキャラとしてFC版FF3に
出演させていただいた経緯は、正直なところ、
自分でも真相は分りません。』
と書かれておりまして、今回私が記事を書いた理由は
ここにあります。

以前1988年頃、東京・代々木に
「F.F.OFFICIAL SHOP」というスクウェアグッズ
専門店がありました。
私は何度かこの店に行き、スクウェアグッズを
買ってました。
(そのグッズ達はこのサイト内で展示して
おりますので、興味のある方は是非見てください。)




1990年に「F.F.OFFICIAL SHOP」が閉店となり、
その記念としてスクウェアクイズ大会を開催するという
お知らせを受けまして、私は当日参加しました。
デスクイーン市のHISTORY(市長queenの戦績)
コーナーからも分かるように、
その頃から私はスクウェアの虜となっていました。
スクウェアゲームの知識は他の参加者よりも格段に
上回っていたこともあり、特別賞として
スクウェアのトムソーヤのスタッフジャンパーを
頂きました。20年以上経った今でも、
この使用感満載のジャンパーから
煙草のにおいがします。
クイズ大会の司会は、当時スクウェア広報の
フォアグラ長谷川さんでした。

「つるぎざき」さんについてのクイズが出題され、
私は即答した記憶があるのですが、
その時に「つるぎざき」さんが、隠れキャラとして
出演した経緯を教えてくれました。
私の断片的な記憶ですが、経緯として、

  • 「TIMES SQUARE」に「葉書ばっかり書いてないで
     勉強しなさいっ」コーナー掲載
  • その後、「つるぎざき」さんから葉書がこなくなる
  • 次号で『勉強ばっかしてないで、も~少しハガキも
     かいてねっ』コーナーを掲載
  • 「つるぎざき」さんから葉書がこない。
  • 長谷川さんは謝罪の意を込めて、FFⅢ開発
      スタッフに「つるぎざき」さんを隠れキャラとして
     配置するように指示した

  • 「つるぎざき」さんのブログを読んで、
    私なりに遠い記憶を掘り起し、脚色無しの
    エピソードを書いてみました。
    「つるぎざき」さんが葉書を投稿しなくなった理由と、
    スクウェア側の謝罪、お互いに思いが違いますが、
    「つるぎざき」さんがFFⅢに登場したことは、
    ファミコン史に残る素敵な出来事の一つであることに
    間違いないのです。
    しかし、ギサールの村の由来は「つるぎざき」さん
    から来ているのかは未だに謎のままです。
    この件については、当時開発に携わっていたスタッフ
    しか判らないのです。

    20年以上前に存在していた
    「F.F.OFFICIAL SHOP」跡地

    SELECT GAMESOFT NAME

    SELECT CATEGORY NAME

    お問い合わせはこちらまで
    Mali:

    TOTAL

    TODAY

    YESTERDAY

    スクウェアグッズ展示数
    1293/1293 アイテム
    展示率 100.0
    Twitterやってます



  • ランダムでグッズ表示

    <br />オリジナルジャンパー<br />

    バハムートラグーン